「別荘」+「ゲストハウス」 /

ストックホームの貯蔵庫

ホーム / 「別荘」+「ゲストハウス」

コンドミニアムとは

「コトババンク」には、こんな風に書かれています。 賃貸ではなく所有権のある共同住宅の米国での呼称。日本では本来〈邸宅〉の意味であるマンションという言葉が賃貸・分譲の共同住宅に対して使われているが,1980年代頃から ハワイなど海外のリゾート地にマンションを持つ日本人が増え、この語が使われるように なってきた。共同所有の意〕

  • ①分譲マンション。
  • ② 分譲ホテル。区分所有ホテル。分譲区分ごとの利用権と所有権をもつオーナーと賃 貸契約を結んだ運営委託会社が、一般のホテル同様の営業をする方式のホテル。コンド ミニアム-ホテル。
  • ③ キッチンや洗濯機など生活用具が備え付けられた宿泊施設。また、ホテルなどの客 室タイプで、そのような設備のあるもの。

コンドミニアムとは

提案します

観光地に立つ、ゲストハウスを「収益物件」として、購入し、「利回り」を確保するのも 不動産投資の一つの手ですが。 まずは、自分用と考えてみるのはいかがでしょう?自分が別荘として買う、空いてる時間を ゲストハウスとして、運用する。 使わない時間を、ゲストハウスとして貸し出せば、もちろん収益も生んでくれます、少し 乱暴かもしれませんが、別荘がタダで手に入るのです。 もちろん、年に数回しか自分自身が利用しないとしても、「無駄」な物ではなく有効な 物になると感じます。友人、兄弟、ご親戚と購入するのも一つの手ですね。

提案します

賃貸と違って、宿泊

賃貸とは大きく違う点があると、私は考えます、例えば、売る時です、購入を勧めているのに 変な話ですが、不動産事業に携わっているものとして、購入?売却は、ワンセットとして考えて 欲しいのです、例えば、相続とか使わなくなった時とか、ひょっとして資金回収が必要な時が 起こるかもしれません、その時に「賃貸」として貸し出していた場合、時間と費用が大きくかかって しまいます、一旦貸し出してしまうと、解除が難しいのです、間違いなく大きな労力がいります。 しかし、「宿泊」としとけば、予約を打ち切れば、それで終わりです、シーズンの予約が入っていた としても、3か月を見れば十分でしょう。 後「賃貸」は貸してしまえば、借りた人の、生活になります、悲しいかな、汚く使ってしまう人が いるのも現状です、しかし「宿泊」では、長くても1週間ぐらい、又、その間にも、ベットメイキングや 清掃という形で、部屋を清潔に保ちます、建物を清潔に保つ事から考えても、貸し出す方法を「宿泊」 を、おススメします。

賃貸と違って、宿泊

インバウンド、旅行者

旅行者のランキングを見ると、1位がフランス年間8260万人、日本はなんと多い様に見えて 世界から見ると、16位、年間2403万人、オリンピックを頂点と考えなくても、十分に素晴らしい 日本はもっともっと可能性があるような感じがします。 弊社では、2018年現在、京都、淡路島でゲストハウス運営を行っていますが、今後、観光スポット の最適な場所に、近畿圏から広げて行きたいと考えています。

インバウンド、旅行者

ちか田舎

都市圏より車移動でも、電車移動でも、行ける場所を「チカイナカ」と言う言葉が流行っている ようです。もちろん、ハワイ、グアムなどに別荘やコンドミニアムを持つのも良いのですが、使う回数と しては大きく減ってしまうように感じるんです、もちろん、使わない時は収益を生むのですがやはり私自身としては、自分が使うことも大きな項目として考えたいです。週末や、連休に、釣り、サイクリング、ボート、観光、家庭農園と、大いに利用したいと考えます。

ちか田舎

例えば京都

建都1200年以上続く、都「京都」。京都はインバウンドが起こったから、ブームになったから出来たものでは 無く、昔からあった歴史物があります、そこが一番の人気の理由ではないでしょうか?関空から、成田から日本に 来ても、必ず立ち寄るのが京都です。

例えば京都

例えば淡路島

山も海も楽しめる、淡路島は御食国と言うだけあって、肉、魚、果物、野菜、すべてが産地で大変おいしい物が沢山あります 夏は海水浴、春と秋は、釣り、自転車、バイク、車のツーリングコース、日本最多のため池でバスフィッシング と楽しむ事は無限にあります。 大手企業が、瀬戸内海側に大きな観光スポットを続々と完成をしています、これからも大きく発展していく 観光地として大きく注目されています。

例えば淡路島

宿泊者募集、運営は

ミホレル観光社(ミホレル工務店合同会社)が行います。

ミホレル観光社

宿泊者募集、運営は